無電解ニッケルめっき(カニゼンめっき)は、基本的な工業用めっきとして、多くの製品に使用されています。物理機能としては、耐摩耗性、耐食性の向上や防錆の用途で使用されています。一般的なめっきであるため、めっきを施せる企業も多く、何を以て委託先を選べば良いか、難しくなってきています。そんななか弊社ではカニゼンめっき溶液のなかでも、最高グレードのめっき溶液を使用しています。グレードの高いめっき溶液は、めっきの”つきまわり”が良い上に、変色に対する耐性と、極めて高い防錆能力を持っています。カニゼンめっきで、より良い”つきまわり”性能や耐変色性、極めて高い防錆性能をお探しの場合、ぜひ一度、高木特殊工業にご相談ください。

1 皮膜組成ニッケル

ニッケル 88~92wt%。リン 8~12wt%。

2 緻密性(気孔性)

素地金属表面が平滑で欠陥が無ければピンホールができず、防錆に寄与します。

3 均一かつ高寸法精度

形状によらず均一につきまわり、μmオーダーの膜厚制御(指定値±10%以内)が可能です。

4 密着性

電気めっき比で遥かに剥がれ難く、曲げ追従性も良好。

5 耐食性

純ニッケルより優れた化学的耐食性を持ちます。
大抵の有機溶剤に全く侵されず、有機酸、塩類、アルカリ、稀薄無機酸への耐食性に優れています。

6 耐摩耗

チタン、ステンレス等の金属間摩耗によるかじり、焼き付き、凝着摩耗を防止します。
300℃以上の熱処理により、750HV以上の高硬度となります。

7 磁性

めっき析出時は磁性はなく、300℃以上の熱処理で結晶化し磁性を生じます。

用途

優れた耐食性・ 耐摩耗性を付与することが可能

ターボチャージャー部品、デリバリーパイプ、シリンダーライナー、プランジャー、ローター、ウォーターパイプ、キャブレター、ベルトテンション、スロットルボディ、ピニオンシャフト、パワーステアリング部品など、様々な形状と金属に対応が可能。

対応サイズ

W700mm×D500mm×H700mm以下(参考値)

めっき前処理液の層の大きさから、W700mm×D500mm×H700mm以下の大きさめっき可能です。(製品の単体重量が100Kgを超える場合は別途ご相談ください)また、ショットブラスト加工工程が必要な場合は、ショットの種類によって、可能な大きさが異なりますので、別途ご相談ください。

高木特殊のカニゼンめっきが優れている理由

弊社の強みは

・最高グレードのカニゼンめっき溶液を使用。

・カニゼンめっき中、最高クラスの耐食性能。

カニゼンめっき溶液の中でも、最高グレードのめっき溶液を使用しています。この溶液は、良いつきまわり性の他、極めて高い耐食性をもっためっきが可能です。

最高品質のカニゼンめっき溶液

めっき厚の確認工程

めっき工場の様子

めっき溶液

目視確認

めっき浴槽

めっき製品

膜厚検査

めっき製品

めっきの様子

めっき製品

各めっきの特徴比較